犬とドッグフードの関係

餌の与え方愛犬が、やたら皮膚を掻いたり、抜け毛が多くなってきたりということはありませんか。また、その他にも下痢や嘔吐といった症状があれば、それはドッグフードに原因がある可能性があります。市販されている多くのドッグフードには、穀物が含まれています。実は、この穀物こそが、犬にとって大敵となるものなのです。

犬は狼から派生した動物です。つまり、本来は肉食動物なのです。犬がまだ野生で生きていた頃、犬は小動物を捕獲して食べていました。ただ、腕や脚などの筋肉部位だけを食べていたわけでなく、内臓や骨、皮なども一緒に食べていたことになります。この時、小動物の内臓には小動物が食べた草や穀物が残されていることがあります。つまり、犬もごくわずかならが穀物を食べていたのです。しかし、市販のドッグフードには、それをはるかに超える量の穀物が含まれているのです。犬の消化器官は肉の消化に適した作りになっています。穀物を大量に与えると、消化不良を起こしてしまうのです。その結果、アレルギーなどの問題が起こってくるのです

犬が本来の身体でいるためには、穀物不使用のドッグフードを与える必要があります。市販されているドッグフードの原材料表記をよく見てください。穀物が最初に記されているものは、穀物が大量に含まれているものです。穀物は安価で、かさ増しできるため、粗悪なドッグフードにはよく使われていますから、購入の際はよく確認する必要があります。当サイトはこうした穀物不使用のドッグフードについて説明します。

コメントは受け付けていません。