穀物不使用の効果

ドッグフードに含まれる穀物は、犬にとって悪影響以外の何者でもありません。そこで、おすすめしたいのが穀物不使用のドッグフードです。穀物を含まない、肉類が主原料のドッグフードですので、犬が野生の頃から食べてきたものに近い原料となっています。されに、栄養バランスも整っていることから、最近ではこの穀物不使用のドッグフードが増えてきています。

ドッグフード犬の身体は、タンパク質の質が高いほど消化率がよくなる傾向にあります。犬の健康維持にはアミノ酸が欠かせませんが、そのアミノ酸はタンパク質に含まれています。つまり、犬に最も合っているドッグフードは、穀物不使用で高品質のタンパク質を含んでいるものと言えるのです。また、犬に関してはタンパク質を摂り過ぎても全く問題はありません。脂肪として蓄積されることもなく、過剰に摂取されたものは体外へ排出されるのです。

このように穀物不使用のドッグフードは、犬の身体を健全な状態を保つために重要なものです。そしてそれは、シニア犬に対しても同じことで、犬も年齢を重ねていくうちに、タンパク質の代謝が悪くなっていきます。こういった不足しがちなタンパク質を補い、愛犬がいつまでも元気でいるために穀物不使用のドッグフードを与える必要があるのです。

ドッグフードの見分け方

ホームセンターなどのペットコーナーでは様々なドッグフードが売られています。多くは、誰もが知っているメーカーのものですが、だからといって安全なものとは限らないのです。市販のドッグフードには、明らかに犬にとって悪影響を及ぼすものが少なからず含まれています。

犬犬は元々は肉食動物です。野生だった頃の犬は、小動物を捕食していました。この際、犬は小動物の筋肉だけを食べていたわけではありません。内臓や骨までも食していたわけです。つまり、小動物が食べた草や穀物が内蔵に残っていれば、間接的に穀物を食べることになります。犬は肉食ですが、ごく少量の穀物であれば消化はされにくいですが、大きな問題にはならないのです。

ただ、市販されている多くのドッグフードには大量の穀物が使用されています。パッケージの裏に表示されている、原材料の欄を確認してください。原材料表記は、その量が多いものから記されています。つまり、原材料の欄の最初に穀物と書かれているものは、その内容量のほとんどが穀物である可能性が高いのです。そういったものを犬に与えると、皮膚の疾患の他にも、尿路結石や肝臓病、腎臓病など重大な疾患に繋がるおそれがあります。ドッグフードを購入の際は、まず原材料を見てください。

穀物が及ぼす危険性

犬の餌に注意近年、犬のアレルギーが問題となっています。具体的な症状としては、皮膚の疾患や下痢や嘔吐などが挙げられ、その原因として考えられているのがドッグフードです。では、ドッグフードのどういった点に問題があるのでしょう。

食物アレルゲンになる食品としては、ほとんどが穀物です。トウモロコシや大麦、大豆、米などがそれに当たります。犬の祖先は狼です。狼は肉食であり、その派生である犬も基本的には肉食動物なのです。それは消化器官にも表れていて、穀物を主食とする人間は、消化吸収に適した長い小腸を持っていますが、犬のそれはとても短いのが特徴です。つまり、犬にとって穀物は身体に合っていない食べ物ということになります。

犬は肉を4時間程度で消化しますが、穀物では16時間もかかってしまいます。犬の消化器官にはアミラーゼという穀物を消化する酵素がありません。そのため、犬は穀物を与えられても、それを消化することができず消化不良をおこしてしまうのです。消化されない穀物が体内に蓄積されていき、それが犬の体調に異変を起こすきっかけとなるのです。ただ、市販されているドッグフードのほとんどにこの穀物が含まれています。そこで今、穀物不使用のドッグフードが注目されているのです。

犬とドッグフードの関係

餌の与え方愛犬が、やたら皮膚を掻いたり、抜け毛が多くなってきたりということはありませんか。また、その他にも下痢や嘔吐といった症状があれば、それはドッグフードに原因がある可能性があります。市販されている多くのドッグフードには、穀物が含まれています。実は、この穀物こそが、犬にとって大敵となるものなのです。

犬は狼から派生した動物です。つまり、本来は肉食動物なのです。犬がまだ野生で生きていた頃、犬は小動物を捕獲して食べていました。ただ、腕や脚などの筋肉部位だけを食べていたわけでなく、内臓や骨、皮なども一緒に食べていたことになります。この時、小動物の内臓には小動物が食べた草や穀物が残されていることがあります。つまり、犬もごくわずかならが穀物を食べていたのです。しかし、市販のドッグフードには、それをはるかに超える量の穀物が含まれているのです。犬の消化器官は肉の消化に適した作りになっています。穀物を大量に与えると、消化不良を起こしてしまうのです。その結果、アレルギーなどの問題が起こってくるのです

犬が本来の身体でいるためには、穀物不使用のドッグフードを与える必要があります。市販されているドッグフードの原材料表記をよく見てください。穀物が最初に記されているものは、穀物が大量に含まれているものです。穀物は安価で、かさ増しできるため、粗悪なドッグフードにはよく使われていますから、購入の際はよく確認する必要があります。当サイトはこうした穀物不使用のドッグフードについて説明します。